出産後2年以上も身体の痛みや不調が取れない原因とは?!

今回は出産してから2年も経つのに痛みや不調が取れない…という訴えで患者さんが来院されました。

この方は

・朝起きるのがつらい、痛い

・台所で立っているとすぐ疲れて横になりたくなる

・同じ姿勢をしているのとにかくつらい

・長時間寝ているのに疲れが取れない

…などの症状を訴えられていましたが、このような訴えをされる方は正直少なくはありません。当院に来院される患者さんに中にももこのような症状で来院されている方は大勢います。

ではなぜこのような状態になるのかを説明していきたいと思います。

出産後にきちんと安静にできていなかった

まず多いのがこの出産後にきちんと安静にできていなかったケースです。
今まで見てきた患者さんの中でこのケースがダントツに多かったです。

出産はとても疲れます。当たり前ですが。初産の場合は平均8~10時間ぐらいで安産と言われるで、大変なお産の場合は1日以上かかって出産するケースもあるそうです。

誰かが、「何時間も全力で走り続けているようなものだ」と言われたみたいですが、その表現はあながち嘘ではないかもしれません。

私も3回出産に立ち会いましたが、何回見てもとても大変そうで陣痛中はいつも申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

それだけ疲れ果てているのに自宅に戻ってすぐに動いたりするわけですから、体が休まる時がないわけです。このような状態が続けば当然体もなかなか安定することはありません。

家庭の事情もありなかなか難しいかもしれませんが、私は最低でも1か月は実家に帰り養生して下さいと説明しています。

出産後にきちんと固定(サラシ)をしていなかった

これも非常に多いのですが、めんどくさいという理由できちんと固定をしていない人が多かったです。

簡易ベルトで巻く人は最近増えてはいますが、なぜ固定しなければいけないのかを知らない人は非常に多いです。

固定をしなければいけない理由は、簡単に言うと出産で骨盤が大きく開くからです。

広がった骨盤をきちんと固定しておけば、不安定になることは少ないので状態が悪化しにくいのです。

簡易ベルトでかなり強い力で締めすぎた

これもなかなか多いです。

骨盤が広がっているのでしっかり占めて下さいと説明されて締めすぎた結果、変な状態で締めてしまいそのまま固定されてしまうというケースです。

これは産院でも知らずにしていることがあるみたいで、できるのであれば私が医師や助産師・看護師に指導したいぐらいです。

あくまで私が指導しているのは、歪んだ状態を整えた後、良い状態を保つためにきちんとサラシで固定しましょう、ということです。

しかし、巷で売られている固定ベルトのほとんどが骨盤を占めるものになってしまっています。これでは固定できていないのです。

なぜなら、固定ベルトでは動くとすぐにずれてしまい、固定ができていないからです。

巻き方にも正しい巻き方がありますし、巻く時期があります。できれば妊娠中よりきちんと固定を覚えて出産後に備えていただきたいものです。

骨盤だけを整えたらすべてが解決するとは思っていませんが、少なくとも出産後より状態が悪くなっているのであれば、妊娠中か出産後に問題があると考えるべきです。

まずは骨盤を正してそのあと各関節を整えて、その状態を持続していくための体力づくり、正しい姿勢の習慣を作り・食事の習慣も見直して妊娠前の状態に戻していきます。

まずは骨盤や関節のゆがみを整えていくことから始めてみませんか。

出産後より身体の不調がある方は一度ご相談下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする