妊娠中の恥骨痛って安定させる方法はあるの?!


先日、妊娠中6か月の患者さんが恥骨痛がひどくなってきたということで来院されました。

臨月間近になると骨盤が大きく緩んでくるため、恥骨の痛みが出る方もいますが、基本的に妊娠6か月で恥骨痛が出るというのは少し異常状態と考えられます。

お腹が大きくなることで赤ちゃんを支えている骨盤に負荷がかかりすこしずつ緩んでくるのですが、それでも6か月で恥骨に痛みが出るということは骨盤のゆるみが非常に強いことが考えられます。

そのため、施術も必要となってきますが、それ以上に日々の生活の中で安定させることができるように固定が必要となってきます。

当院で推奨している固定方法は【サラシ】を利用した固定です。

デメリットは、【めんどくさい】ということですが、このめんどくさいというデメリット以上のメリットがあります。

きちんと巻くことで、

・腰痛や恥骨痛の予防

・骨盤の広がりを抑えることができる

・産後の状態を整えやすい

…などのメリットがあります。

正しい巻き方があるので、ぜひきちんと覚えていただき快適な妊娠・出産後の生活を送っていただきたいと思います。

サラシの正しい巻き方を知りたい方は当院までご相談ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする