産後の骨盤矯正をしなければいけない理由

当院では産後の骨盤矯正を推奨しています。

ますはなぜ骨盤矯正をしたほうがいいのかという理由を順番に説明していきたいと思います。妊娠中の方も出産後の方も参考にしてみてください。

1.骨盤は赤ちゃんが住む家

骨盤の中に子宮や卵巣といった骨盤内臓器があります。この子宮で着床して妊娠が始まります。約10か月この骨盤を赤ちゃんが生活する家の土台として成長していきます。しかし、この家の土台となる骨盤のゆがみが大きいと不安定になり、居心地が悪いため出ていきたくなります。

これが流産です。

もちろんほかの原因も考えられるのであくまで一要因として考えてもらうといいですが、意外となかなか妊娠しない人の中には骨盤が不安定になっているという方も少なくありません。

2.妊娠で骨盤はどんどん広がっていく

女性の方には月経というものがあります。月経周期には排卵日を境に低温期と高温期に分かれますが、排卵期に受精することでそのまま出産するまで高温期となりおなかの中でどんどん赤ちゃんが大きくなります。

妊娠初期は少しわかりにくいですがどんどん大きくなって中期ぐらいから少しおなかが目立ってきます。おなかの赤ちゃんが大きくなるということは支えている骨盤にも少し負担がかかってきます。

実は妊娠するとホルモンの分泌で全身の関節が少し緩んできます。そのため、おなかの赤ちゃんが大きくなることで骨盤も少しずつ緩んで広がっていきます。

早期に骨盤が大きく広がりすぎると強い痛みや症状を出すことがあるので当院では骨盤をきちんと安定させるために昔ながらの腹帯指導をしています。

この腹帯をすることで不安定はかなり軽減していきます。
腹帯の説明はまた後日。

3.出産は鼻からスイカを出すぐらい大変なこと

男性が出産をするというたとえ話で「鼻からスイカがでるようなもの」と言われることがりますが、それぐらい出産をするということは大変なことです。

男性の私には経験することはできませんが、妻の出産に運よく3度立ち会うことができたのですが、大変で痛そう…ということは見ていてもわかります。(どのぐらい大変かは共感できませんが…)

陣痛が始まり赤ちゃんが下がってくると、出口を広げるために恥骨が広がっていきます。個人差はありますが、最大で約4センチほど開くみたいです。さらに仙骨・尾てい骨が後方に訳7センチぐらい広がります。陣痛時にお尻が痛いという経験の方は多いと思いますが、実はこの痛みは仙骨が後方に広がっているための痛みなんです。

出産をすると骨盤が大きく広がるというのはこのためです。

4.産後はしばらく不安定が続く!?

出産をした後に子宮が収縮して胎盤を出しますが、この際に広がった骨盤も少し締まってきます。しかし、骨盤がもとの状態まで戻ることはありません。

なぜなら骨盤というのはとても強固に連結しているからです。骨と骨で連結しているところを関節といいますが、この関節がずれたりしないように靭帯というほとんど伸びないベルトで止めてあります陣痛が始まると、この靭帯が柔らかくなるホルモンが出ることで骨盤が大きく広がってくるのです。

これが骨盤が不安定になる理由です。出産後も授乳期間中は関節が緩みやすくなるホルモンが出ています。

このため産後しばらくの間は不安定が続くわけです。

この期間をうまく利用して大きく広がった骨盤を整えて妊娠前の状態に戻していきましょう!というのが当院が産後に骨盤矯正をしたほうが良いという理由です。

出産は病気ではありません。しかし、きちんとケアをしておかないとのちに大きな問題を引き起こす原因となってしまいます。

出産後に妊娠前の状態にきちんと戻せるように早期より骨盤を整えておきましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。