不妊で子供を授かりたいとお考えの方へ

不妊症とは

結婚してそろそろと思っているのになかなか妊娠できない…

妊娠してもすぐに流産してしまう…

もしかして子供が産めない体質なのかも…

このようなお悩みを抱えていらっしゃる方は意外と多いかもしれません。

不妊症の定義とは、

【結婚した夫婦が赤ちゃんを欲しいと思い、避妊を行わず一般的な夫婦生活を行っているにもかかわらず、1年以上赤ちゃんを授かる事ができない状態】とされています。

※日本産婦人科学会では2015年8月29日に2年から1年に短縮することを発表したそうです。

そのため、結婚して1年以上経つのに赤ちゃんが欲しくてもなかなかできない方は不妊症ということにこの日本産婦人科学会ではなっているので、お医者さんは婦人科へ受診して相談してくださいと言っているわけです。

一般的に言われる不妊症の原因とは?

原因は様々ですが大きく分けると女性側、男性側の片方、あるいはその両方の原因とに分けられます。

産婦人科でも詳しくあげられているのでここでは大まかに説明させていただきますが、

女性側の主な原因として

====================

1.卵巣:卵巣機能不全
2.卵管:狭窄(きょうさく)癒着、閉鎖、水腫(すいしゅ)
3.子宮:筋腫(きんしゅ)、奇形、発育不全
4.内分泌ホルモン異常
5.子宮内膜症
6.その他

男性側の主な原因として

====================

1.精巣(睾丸):無精子症
2.精路閉鎖
3.性交障害
4.内分泌ホルモン異常
5.その他

と言われています。ですので、なかなか妊娠できないとお悩みの場合はまずは産婦人科で詳しい検査を行っていただくことが大切です。

当院が掲げる健康の定義

しかし、当院で不妊治療を受けていらっしゃる方のほとんどが、上記に記載されているような内科的に問題がない方ばかりです。

病院では【原因不明】もしくは【ストレス】などという説明を受けるそうですが…。

正直、原因を断定するのはとても難しいです。しかし、体の専門家の目線から説明させていただくと、

妊娠する環境が整っていない

とも言えます。

当院で掲げる健康の定義は

・骨盤や背骨などのゆがみを整える

・正しい食事

・適度な運動

・質の良い睡眠

この4つが安定してくるとより良い状態となってきます。

ですので、不妊症の方だろうが、出産後の方、健康維持の方、慢性疾患の方…どのような症状の方に対してもこの4つをきちんと正していくことで健康になってもらうことができると考えています。

実際に現在不妊治療を受けられている患者さんで、妊娠された方や無事出産された方もいますが、体のバランスを整えただけで妊娠された方もいますし、体のバランスを整えるだけでは妊娠できないため、血液検査のデーターをもとに理想値を算出して食事指導を行うことで、無事妊娠されたという方もいます。

あくまで一例ですし、これを行えば絶対妊娠できると確約するわけではありませんが、産婦人科を受診して治療しても妊娠できないのであれば、体を根本的に整えるということも始めてみてもいいかもしれません。

当院で行う治療の流れ

まず来院していただき、問診表に記入していただきます。後ほど詳しく聞き取りをしていきますができるだけ詳しく記入していただいたほうがより深くあなたのことについて知ることができますので、わかる範囲で構いませんので詳しくご記入ください。

その後全体のバランスチェックを行うため短パンに着替えていただきます。

ガードルなどの検査の邪魔になるような下着をつけてこられると細かい検査ができなくなりますのでゆったりとした服装でお願いします。

その後、検査結果をもとに現状の説明・今後の治療計画・来院回数や頻度・期間などを提示してOKであれば施術を開始していきます。

このような流れになっています。

===============================

当院では午前中は託児も行っているので、妊婦さんや産後のお子さん連れの方が受診される方が多いので、もしあなたが本気で不妊治療を考えているのであれば午前中はなかなか来院しにくいかもしれません。

しかし、午後の診療は託児は行っていないですし、完全予約制ですので他の方とバッティングすることも少ないので、午後の診療時間に受診されることをお勧めします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする