原因は本当に抱っこ?!出産後の手の痛みについて|堺市なかもずの中林整骨院|

中林整骨院

072-255-0102 完全予約制

〒591-8032 大阪府堺市北区百舌鳥梅町1-16-4 ラレックス城ノ山102

 定休日/日曜・祝日・水曜午後

原因は本当に抱っこ?!出産後の手の痛みについて|堺市なかもずの中林整骨院|

院長ブログ

2019/02/20 原因は本当に抱っこ?!出産後の手の痛みについて|堺市なかもずの中林整骨院|

出産後に多い症状のうちの1つに手の痛み(腱鞘炎)があります。当院にも出産後の骨盤を整えてほしいという患者さんの次に多い症状です。

 

お話を聞いていると、たいていが今まで痛くなったことがないのに出産後より痛みが出てきたというケース。抱っこをしたために痛くなったという方が多いです。

では出産後の手の痛み(腱鞘炎)は抱っこをしすぎたから起こっているのでしょうか。

 

結果として抱っこをしたために痛くなったのは本当でしょう。しかし、抱っこはあくまで引き金(結果)にすぎません。つまり本当の原因ではないということです。

 

 

では手の痛み(腱鞘炎)の本当の原因は何なんでしょうか。

 

出産後は骨盤が広がるということは意外と知られています。しかし、実は出産時に広がるのは骨盤だけではないんです。

陣痛が始まると赤ちゃんが出やすくするために骨盤を含めた全身の関節がホルモンの分泌で緩みます。

 

このホルモンの分泌のおかげで赤ちゃんを産むことができるのですが、この緩んだ関節、残念ながら出産が終わっても自然と戻ることはありません。

 

さらに授乳をする際に出るホルモンがあるのですが、これが関節を不安定にするホルモンでもあるため、出産後も不安定が続いてしまうのです。

 

この不安定の状態で抱っこで手にストレスがたくさんかかり、限界を超えた際に痛みとして出てしまうのが真の原因です。

 

…ということは手首の関節の安定を図り、患部の炎症を取り除くことが最善の方法となります。

なかなか治りにくい手の痛み(腱鞘炎)でお悩みのかたは当院までご相談ください。

 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

中林整骨院

【電話番号】
072-255-0102

【住所】
〒591-8032
大阪府堺市北区百舌鳥梅町1-16-4 ラレックス城ノ山102

【営業時間】
【月・火・木・金】9:00~13:00/16:00~20:00
【水】9:00~13:00
【土】9:00~12:00/14:00~17:00

【定休日】
日曜・祝日・水曜午後

■■□―――――――――――――――――――□■■

TOP