恥骨の痛みが強い妊娠中の患者さんに必要なこと

中林整骨院

072-255-0102 完全予約制

〒591-8032 大阪府堺市北区百舌鳥梅町1-16-4 ラレックス城ノ山102

 定休日/日曜・祝日・水曜午後

恥骨の痛みが強い妊娠中の患者さんに必要なこと

院長ブログ

2018/12/04 恥骨の痛みが強い妊娠中の患者さんに必要なこと

妊娠8カ月の患者さんが恥骨が痛いからということで来院されました。

 

なんでも歩いているときに痛みが強いとのこと。就寝中は痛みがないとのことでした。

検査をしてみると、骨盤の不安定が強くあり、股関節の屈曲制限、恥骨の圧痛もありました。

 

おそらく妊娠して骨盤を含めた関節が不安定になり、その状態で動き続けていることでどんどんゆがみが強くなって痛みが出たと考えられます。

 

骨盤・股間節の処置を行うことで、恥骨の圧痛はほとんど消失しました。骨盤の処置を行い恥骨の痛みが取れるということは、骨盤の不安定が原因で起こったということになります。

 

ではこの骨盤の不安定を再発させないようにするにはどうしたらよいかというと、やはり【固定】が必要となってきます。

 

最近では簡易の骨盤ベルトをされる方が増えてはきましたが、やはりきちんと固定できていないため不安定が強くなるケースが多いように思われます。

 

まずはきちんと固定をするというのが大前提です。

それでも不安定にはなるので定期的にケアを行うことで、大きな痛みになることは少ないのですが、きちんと固定できていなければ不安定はとても強くなるため治療の頻度も高めていく必要があります。

 

 

日々のセルフケアに自信がないのであれば早めに定期的に通院されることをおすすめします。

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

中林整骨院

【電話番号】
072-255-0102

【住所】
〒591-8032
大阪府堺市北区百舌鳥梅町1-16-4 ラレックス城ノ山102

【営業時間】
【月・火・木・金】9:00~13:00/16:00~20:00
【水】9:00~13:00
【土】9:00~12:00/14:00~17:00

【定休日】
日曜・祝日・水曜午後

■■□―――――――――――――――――――□■■

TOP