出産後1か月より股関節痛が出現した30代後半の患者さん

中林整骨院

072-255-0102 完全予約制

〒591-8032 大阪府堺市北区百舌鳥梅町1-16-4 ラレックス城ノ山102

 定休日/日曜・祝日・水曜午後

出産後1か月より股関節痛が出現した30代後半の患者さん

2018/10/24 出産後1か月より股関節痛が出現した30代後半の患者さん

 

出産後1か月より股関節の痛みが出てきたという患者さん。

 

出産後から1か月ぐらいは痛みもなく良好だったのこと。しかし、2か月目ぐらいからだんだん痛みが強くなってきたそうです。

 

患者さんは30代後半。出産は初産で陣痛時間も8時間と安産でした。お子さんの大きさも2800グラムぐらいとのことで、出産もほぼ予定日でした。

 

2か月目ぐらいからどんどん痛みが強くなってきて、方向転換する際捻じると痛みが出たり座っている状態から立ち上がり時に痛みが出るとのことです。

 

 

検査を行うと、骨盤や背骨、股関節はもちろん両下肢の感覚以上も出ている状態でした。話を聞いていると産後ベルトをしたほうが良いと聞き、骨盤ベルトでかなり思いっきり締め付けていたそうです。

 

出産後は全身の関節がとても不安定となるので、その状態できつく締めすぎたため引っ掛かりが強くなり痛みや不具合が生じているのではないかと思われました。

 

出産で骨盤が不安定になるということは意外と知っている方が多いですが、本当は締め付けるのではなく固定する必要があるというのは知らない方が多いみたいです。

 

 

妊娠前や妊娠中には問題がなかったのに出産後より出てきた違和感や痛みというのは放っておいてもなくならないことが多いのでお悩みの方は当院までご相談ください。

 

 

 

 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

中林整骨院

【電話番号】
072-255-0102

【住所】
〒591-8032
大阪府堺市北区百舌鳥梅町1-16-4 ラレックス城ノ山102

【営業時間】
【月・火・木・金】9:00~13:00/16:00~20:00
【水】9:00~13:00
【土】9:00~12:00/14:00~17:00

【定休日】
日曜・祝日・水曜午後

■■□―――――――――――――――――――□■■

TOP