流産を繰り返す2つの原因

中林整骨院

072-255-0102 完全予約制

〒591-8032 大阪府堺市北区百舌鳥梅町1-16-4 ラレックス城ノ山102

 定休日/日曜・祝日・水曜午後

流産を繰り返す2つの原因

院長ブログ

2018/09/14 流産を繰り返す2つの原因

先日、妊娠したのにまた流産してしまった…という方が来院されました。

 

この方は何度も妊娠しては流産を繰り返すということで、友人に紹介されて当院を受診されました。

話を聞いていると、なかなか妊娠できないので体外受精をしたりホルモン剤を使ったりいろいろしたそうですが、年齢的なものもあるので何とかしたい ということで受診されました。

 

流産にもいろいろな原因があります。あくまでイチ整骨院の施術者という立場から診る婦人科系の問題について述べたいと思います。

 

 

流産しやすい人は身体のゆがみを持っている

 

 

施術者から見ると、流産を繰り返す方の大半が体のゆがみ(特に骨盤)を持っています。

理由として、子宮や卵巣という臓器は骨盤の中にあります。骨盤のゆがみが著明に起こればその中にある臓器の位置も当然変わってしまいます。

 

結果、神経の流れが悪くなり栄養供給も不十分になることでうまく胎児が育たなくなり、結果流産を起こす…という残念なことになってしまいます。

 

この患者さんも、検査をしてみてみると、骨盤を含めた体の歪みが大きくありました。

 

ではどうしたらいいのか?

 

まずは骨盤を含めた体の歪みを整えて、赤ちゃんが育ちやすい環境を整えていくことから始めていきます。

この患者さんにも説明しましたが、あくまで整骨院なので妊娠をお約束するわけではありませんが、これだけ体の歪みが強いと、赤ちゃんが育つための環境が悪すぎるのでまずはこの環境を整える必要があります。

 

環境が整えば生理周期もよくなっていきます。生理周期が安定してくると妊娠する確率も上がってきます。

ゆがみを整えたのに妊娠しにくい場合は?

 

しかし、これでもなかなか妊娠しにくい場合は他の原因も考えていかなければなりません。

 

他の原因として考えられるのが赤ちゃんが育つための栄養が十分あるかどうかということです。

当院では血液検査のデーターから理想値を読み取り適切なアドバイスをしていきます。

 

残念ながら一般の血液検査のデーターで診ているのは基準値であり理想値ではありません。そのためいくら検査上問題がないと言われても、理想値からかけ離れていることもあるため、うまく妊娠できないことがあります。

 

血液検査のデータ―を使っていくことで、体の中の状態が数値化されているのでここを見直すだけでも随分変わってくる可能性はあります。

 

 

 

 

 

いくら体外受精や人口受精を行っても、赤ちゃんが育つ環境が悪くて栄養状態が悪ければ、うまくいく確率は低いままです。もちろん他にも原因がある可能性は否定できないので、身体のゆがみだけでなんとかしようとは思わなくても構いませんが、体の歪みや栄養状態が妊娠・出産にかかる影響は多大にあることを知っておいてください。

 

当院には、婦人科でお悩みの方や不妊の方・妊娠中・出産後の方が多数来院しています。

 

もしあなたが流産を繰り返してお悩みであれば、一度当院までご相談ください。

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

中林整骨院

【電話番号】
072-255-0102

【住所】
〒591-8032
大阪府堺市北区百舌鳥梅町1-16-4 ラレックス城ノ山102

【営業時間】
【月・火・木・金】9:00~13:00/16:00~20:00
【水】9:00~13:00
【土】9:00~12:00/14:00~17:00

【定休日】
日曜・祝日・水曜午後

■■□―――――――――――――――――――□■■

TOP